読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是好日

好きなことを好きなだけ。のんびりいきたい。マイライフ。

終わっちゃったよ・・・『あさが来た』

日々の出来事

毎朝見てました。準備万端でみてましたが、ちょこちょこ泣かされ化粧が落ちて結構バタバタな朝を送ったりしてました。そんな朝も終わってしまって残念。

面白かった。爽快な朝を迎えることができたのはこの番組のおかげじゃないかと思うほど。波瑠ちゃん演じるあさがお茶目なお嬢さまからだんだん実業家として奥様として母親として貫禄が備わってめちゃめちゃかっこよかった。あの時代に女性が先頭きって判断して行動するって大変だったと思う。努力と信念の人。すべてを持っていて正直うらやましい。

みんなが幸せになるための武器として最後の最後にあさから指針というか目標にしたい言葉がありました。

「人の気持ちをおもんばかることの出来る優秀な頭脳と、柔らかい心、それさえあったらそれで充分なんだす」

 いやぁー納得です。あさらしい、女性として男性社会の中で生きていくために身につけたからこその言葉なんでしょうね。『柔らかい心』しびれます。なかなか難しいですよね。

 

世間では「五代様ロス」とかいってましたけど、私は断然新次郎さん派!友達が以前外見は五代様で中身は新次郎さん。っていう贅沢なことも言ってましたが・・・。やっぱり心ときめかせるのは新次郎さん。出会った当初はずいぶんと年の差があってビックリ!でも、新次郎さんの妻への優しさ。大隈重信夫人の綾子さんでさえ、新次郎さんの内助の功を称えてましたもんね。あの力が抜けた感じでいながら器はでかい。先走るあさを見守り支え、あさに意見すべきところではしっかり意見をいう新次郎さん・・・。しかもいつまでもあさを大切にしてるところがいいよね。新次郎さんかっこよすぎる。だんな様としては最高。理想のだんな様。・・・っていうか、理想の夫婦ですね。

そのせいか私の最終回は金曜日でした。あの優しい雨でホント号泣。

 

図書館で借りて読みました。波留ちゃんのあさのイメージでいたけどちょっとちがいました。波乱万丈なあさの生涯が堪能できました。

新装改訂版 小説土佐堀川   ――女性実業家・広岡浅子の生涯

新装改訂版 小説土佐堀川 ――女性実業家・広岡浅子の生涯