読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是好日

好きなことを好きなだけ。のんびりいきたい。マイライフ。

ベトナム旅行 その2 (基本情報)

旅行

 f:id:mahinahina:20161009172606j:plain

まずはベトナムの基本情報。

*滞在期間:2016年10月7日~2016年10月13日

 

時差

2時間。日本が2時間進んでます。日本が午後12時の場合、午前10時です。

物価

1円=2.02VDN *2016年10月7日ノイバイ空港(ハノイ)で両替

物価はだいたい日本の3分の1くらい。200で割るとおよその金額がわかります。

例:足つぼマッサージ 180,000VDN/90分 (約900円)

  レストランでランチ 140,000VDN (約700円)

  スターバックス ラテ 65,000VDN (約325円)

気候

10月でも暑かったです。朝晩は比較的過ごしやすかったです。

 

意外と気になるこの2つ

トイレ事情

友達と妹さんよりトイレ事情を聞いていたのでできるだけホテル(5つ星、4つ星)を利用。おしゃれなカフェでもあまりきれいではないところもあります。「トイレはホテル」が合言葉でした。

通信手段

気になるネット環境確保ですが、キャリアでどうすればいいのか旅行前に聞きに行きました。方法は3つあります。ざっくりしてますがご参考までに。

① 自分の携帯電話のキャリアをそのまま使用する。

 → 日本と同じように通話もネット使えるが、金額がけっこうかかる。

② 海外WiFiレンタルをする。

 → ネットは使えるが、通話はできない。WiFiレンタル料金がかかる。

③ ハノイでSIMを購入する。

 → SIMフリーでない場合、日本でロック解除が必要ですが現地で普段通りに使えます。しかもベトナムは前払いのプリペイド式。友人はSIMを購入し、お店で設定もしてもらってました。

私は友達の妹さんから携帯電話を借りることができたため外出時は借りた携帯で通話のみができ、妹さん宅では自分の携帯でネットだけ見れる環境でした。

気になるネットの速度ですが、あまり気にならず、サクサクっと利用できました。

SIMフリーだと海外ではこんなに便利なんだと実感。現在SIMフリーにしようかと考え中。

 

最後にベトナム旅行の持ち物について。

◎次回は絶対もっていくもの

虫よけスプレー

蚊に刺されました。しかも北斗七星のように一度にめっちゃ刺されました。2週間たった今でも赤みが引きません。服がこすれるとかゆみが復活。早く治まってほしい。

持っていってよかったもの

ウェットティッシュ

ベトナム航空の飛行機の中や飲食店で出される香り付ウェットティッシュがあります。友達はこの香りが好きらしいが、私にとっては苦手なにおい。飲食店では使うと金額が発生する場合もあるそうです。

ストール

日傘の代わりの日焼け対策。10月でも日差しはキツイ。冷房が効いている飲食店では冷房対策にもなります。斜め掛けバックの上からストール羽織ってたのでひったくり防止にも役立った・・・かな?

圧縮袋

麺類、ベトナム調味料、旦那さんのお土産にビールなど食品を大量に買ったせいか意外とかさばったお土産。圧縮袋でスペース確保し保護されるし安心。

 

余談ですが、ほぼ日手帳ノベルティーバックを旅行中ずっと利用しました。

 f:id:mahinahina:20160901225246j:plain

めっちゃ使い勝手がいいい。意外と丈夫で収納力あります。ガイドブック、ノートと筆記用具、日焼け止めとウェットティッシュに汗拭きシートに携帯用制汗スプレー。タオルハンカチにティッシュ。リップとサングラス。このくらい入れても大丈夫っ!肩掛けで両手使えるし、容量もちょうどいいし、何より軽い。旅にはもってこいのバック。使えるよっ!

 

 

ベトナム旅行 その3 へ続きます。)